カテゴリー別アーカイブ: Facebook

「シェア」してもらう -Facebookで集客する

LINEで送る
Pocket

 

Facebookは「会話するところ」 につづき、Facebookは、誰に、何を そして、Facebookで一層ファンになってもらう と続けてFacebookについてお話をしてまいりました。

今回は運営している施設の業態が、「レストラン」でもなく「ホテル」でもなく「互助会」でもない、単独の結婚式場(リピーターが存在しない)場合のFacebookの活用法についてお話します。

ご存知のとおりFacebookページは「いいね!」を押してくれているユーザーに情報が届きます。投稿した内容は「いいね!」を教えてくれているユーザーにのみ届く。(しかも、タイミングによっては見られていない可能性もある)

そして、ウエディングはリピーターが存在しないビジネスで、結婚式場選定の期間は、長くても半年、短ければ1ヶ月程度。見込み客の時間が非常に短い。この特長を考えると、Facebookで、ただ単に「ブライダルフェアをやります!」と告知をしても、これから結婚式場を探すカップルに情報が届く可能性は低いと考えざるを得ません。もしも、フェアの集客策のひとつとしてFacebookページを活用したいなら、結婚式場を探しているカップルに「いいね!」を押してもらう活動に全力投球しなければならない。しかもリピーターは存在しないので、常に新規の見込み客を求め続ける必要がある。←こんな活動を全力で続けるのであれば、他にもっと集客策としてやるべきことがあるのではないか?と思いますがいかがでしょうか。

では、単独で結婚式場を運営している企業としてFacebookをどのように活用していくのか?

1つは、情報提供に徹する、という方法。結婚式で失敗しないノウハウや、イマドキのコーディネート、衣装の流行り、新作ドレスの紹介、お料理のポイントなど、自社(プランナー)が持っているノウハウを、惜しみなくすべて提供し続ける。そして、ノウハウや有益な情報をFacebookで提供していることを、ホームページにも明記し、パンフレットにも記す。告知を続ける。有益な情報は誰もが欲しいと思う情報であり、見込み客がFacebookページに興味をもち「いいね!」を押してもらえる可能性があります。

ただ、考えるまでもなく↑これは、Facebookではなくブログで掲載すれば情報は蓄積される。ブログの利点を考えると、ブログで掲載するほうがよい、という考えもあります。

2つめは、少し込み入った話になります。Facebookページに「いいね!」を押してもらうユーザーは、結婚式を挙げたカップルにしぼり、最終打ち合わせで「Facebookページがあるので、いいね!を押してくださいね」とお願いしておく。投稿する情報は、挙式を挙げたお客様へ向けたイベントの案内や、お友だちご紹介キャンペーン(お互いにプレゼントあり、など)紹介制度のご紹介などに加え、おふたりの挙式当日の一番お気に入りの写真を、Facebookで紹介する、という方法もあり。一番の目的は、結婚式を挙げたお客様に投稿をシェアしてもらい、お客様と繋がっているお友だちにFacebookページの存在をしってもらう(結婚式場の存在を知ってもらう)という方法。要するに、挙式を挙げたお客様を介して、そのお友だちに繋がろう!、という方法です。お友だちは結婚適齢期でしょうし、未婚の方も多いと予想されます。回りくどいですが、どの方法をとったとしてもFacebookには即効性は求められないので、じわじわ攻める戦略です。当然、この場合は、投稿する内容が非常に重要です。

いかがでしょうか。貴社が運営しているFacebookページは、誰に、何をしてもらいたいのかを明確にして、投稿内容を精査していますか?成果は出ていますか?運営をすると決めたなら、じっくり戦略を練り、運営する体制を整えて、有益な情報を流していきましょう。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

Facebookで一層ファンになってもらう

LINEで送る
Pocket

 

Facebookの活用法についてご紹介した前回と前々回の記事につづき、3本目。

前回は、

こう考えると、ウエディング業界においてFacebookを活用することに何の意味があるのか? 疑問に思う方も多いと思います。ウエディングのビジネスは、リピーターがなく、高額商品であり、検討期間は数ヶ月に限定されます。ゆっくりと、お客様の心を捉える余裕はありませんから。
ウエディング業界としてFacebookページを活用する意味、そしてその方法は?


とお話しました。ウエディング業界、結婚式場として、Facebookを何を目的に運用し、どう活用していくのか?

まず、わかりやすい部分(ターゲット)からお話をします。
前々回お話したとおり、Facebookは自社を売り込む場所でなく、お客様とコミュニケーションを楽しむ場所です。コメントをいただいたり、それに返事をするいことで、自社のことを好きになってもらう。

この目的を考えると、ウエディング業界とひとくくりにしても、結婚式のみをビジネスにしている会社さんと、その他の会社さんでは、考え方が異なると思います。

まず、結婚式以外のビジネスも展開している企業さんの場合。
たとえば、ホテル、互助会系、レストラン。

ホテルはわかりやすい。結婚式をしたホテルは、間違いなく思い出の場所であり、その後も結婚記念日でレストランや客室を利用していただいたり、子供がうまれたらお宮参りや七五三の写真撮影やお祝いのご会食をしてもらえる可能性もあります。よって、結婚式をキッカケに挙式後のお客様を、ホテルのファンになってもらうためにFacebookを活用する。発想はストレートですね。運用もしやすい例だと思います。

レストランもホテルと同じ。その後もレストランを利用していただけるように、スタッフを紹介したりサービスを紹介したり、レストランの個性を伝えられるような話題を振りながら、結婚式後もFacebookでつながり、ますますファンになっていただく。

ホテルもレストランも、考えいやすいFacebookの運用は、ウエディングの新規客を獲得するために利用するのではなく、結婚式をしたお客様を、その後のホテルやレストランの施設利用を行っていただけるようファンになってもらうことを目的にする。

互助会も発想は同じです。結婚式だけでなく、葬儀、その他さまざまなサービスがあります。生まれててから人生を終えるまで、ライフワークにあわせてサービスを利用できるのが互助会ではないでしょうか。
結婚式をキッカケに、一層ファンになっていただき、互助会として次にサービスを利用してもらえるタイミングを考え、情報を提供し、コミュニケーションを図っていく。きめ細やかなサービス対応も可能なはずです。

それでは、ホテル、レストラン、互助会ではなく、結婚式場だけのビジネスを展開している場合、Facebookはどのように活用すればよいのか?

この課題については、次回の記事でご紹介しましょう。

LINEで送る
Pocket

Facebookは誰に?何を?

LINEで送る
Pocket

 

前回は、Facebookは「会話をするところ」というお話をしました。
「集客」をする場ではなく、あくまでも、コミュニケーションをとる場所です。

Facebookページの投稿で、よく「良いお手本」として例に挙げられるのが、
「JAL」のFacebookページです。

ご覧いただいたとおり、投稿内容は売り込みではありません。加えて、誰がその投稿を書いているのか、必ず名乗っていますよね。会話を楽しみ、コミュニケーションを図る場 と考えると、名前を名乗るのが自然なこと。

また、投稿したからといってFacebookページに「いいね!」を押してくれている人が、コメントをジャンジャン残してくれるわけではありません。JALは、コメントをもらえるような投稿もとてもお上手で、「クイズ」を出すなど、つい答えたくなる(コメントを残したくなる)投稿内容も多いのです。Facebookページを通じて、JALの人を感じ、話題を読む。これを繰り返すことで、親近感を覚え、航空会社を選ぶときに「JAL」を選択肢に思い浮かべてもらえる(可能性がある)。

Facebookページの投稿内容については、ご自身がFacebookをご覧になっているときのことをイメージするとわかりやすいと思います。売り込みをガンガンかけてくる投稿は、スルーしませんか?そんなことを知りたいからFacebookをしているのではありませんよね?この視点から考えて、貴社のFacebookページの投稿内容は、いかがですか?

前記事の繰り返しになりますが、facebookは、売り込みをする、集客をする場ではなくて、ユーザーとコミュニケーションをはかる場所です。長期的に運営していくことで、企業に対して親しみを感じてもらう、そのうちお客様になってくれる可能性のある人たちを増やしていく。

こう考えると、ウエディング業界においてFacebookを活用することに何の意味があるのか? 疑問に思う方も多いと思います。ウエディングのビジネスは、リピーターがなく、高額商品であり、検討期間は数ヶ月に限定されます。ゆっくりと、お客様の心を捉える余裕はありませんから。

ウエディング業界としてFacebookページを活用する意味、そしてその方法は?

次回は上記についてお話します。どうぞお楽しみに。

 

 

LINEで送る
Pocket

Facebookは「会話」するところ

LINEで送る
Pocket

 

ブログとFacebookとTwitter(最近は、これに加えてLINE)をどう使い分けたらいいのか、どうやって活用したらいいのか?というご質問をよくいただきます。今回は、そのなかのひとつ、Facebookについて改めて特長を考えてみたいと思います。

Facebookに限らずソーシャルメディアは「良好な人間関係でつながる人がコミュニケーション(会話)を楽しむ場所」と言われます。ようするに「モノやサービスを売る場所」ではありません。ダイレクトに「集客」を期待できるルーツでもありません。あくまでも目的は「人と人が会話、コミュニケーションを楽しむ場所」。

それでは、何のために企業はFacebookページを運営するのか??

企業と見込み客ならば、両者の関係を良好なものにして、自社を好きになってもらい、時間をかけて顧客を育成し、その結果「集客」につながる。「新しい商品ができました!興味がある方は買ってくださいね!」とFacebookページに投稿をしても、スルーされるか、うっとおしいと思われてしまいます。あくまでも「ユーザーにとって“読んで良かった!”と思うような情報提供」を中心に運営すべきです。

Facebookは、スグに集客や利益に直結しないため、中長期的な視点をもって運営が必要です。この「中長期的な視点」が、難しい。効果が出るまで、我慢ができないケースが多い。そもそも、運営方法が間違っている場合も多いようです。

何度も言いますが、Facebookは、ユーザーと「会話を楽しむ場所」です。ユーザーに、投稿に対して「共感」を覚えてもらう。そこから情報をシェアしてもらうことで情報が拡散していく。だからこそ、運営方針をよく練り、考え抜いた企画、内容を投稿することが大切なのです。

貴社のFacebookページは、ユーザーと「会話を楽しめる内容」になっていますか?

次回は、投稿内容についてお話します。

 

 

LINEで送る
Pocket