カテゴリー別アーカイブ: アクセスログ解析ツールの活用

先に数字を見てはいけません

LINEで送る
Pocket

 

よく、お客様に質問されることの1つに「Googleアナリティクス(アクセスログ解析ツール)の数字を見ても、ホームページのどこを改善したらいいかわからない!」ということ。Googleアナリティクスは、たくさんのデータを見ることができるため、どの数字をみたらいいかわからなくなってしまうのですね。

これは、そもそも順番が違うことが課題です。Googleアナリティクスの数字を見てホームページの改善点を探すのではなく、まずは「改善したいこと」を考える。離脱率(お客様がホームページから去ってしまう率)を下げたいのか、そもそも訪問者数を増やしたいのか?

課題を明確にしてから、それを解決するにはどうすればいいかを考える。次に、関連する(影響する)であろうGoogleアナリティクスの数字を探しだす。確認する。改善後の目標数値を設定し、改善策を考え、取り組む。

Googleアナリティクスの数字は、あくまでも結果であって、改善点を示してくれるものではりません。行ってみれば、ただの数字の羅列です。そこに意味を見つけ出すためには、Googleアナリティクスから一度離れて考えることが大事なポイントです。ホームページの集客力を高めるためには、訪問者数を増やしたいのか?離脱率を下げたいのか?または・・・????まずは、取り組むべき課題を明確にしましょう。Googleアナリティクスを見るのは、それからです。

 

LINEで送る
Pocket

見せたいページを閲覧してもらえているか?

LINEで送る
Pocket

 

新規接客をするときに、ウエディングプランナーが館内をいっしょにまわってショールームするのと同じように、ホームページでも、訪問者に自由にページを見てもらうのと、見てもらいたいページの順を決めておくのでは、閲覧してもらえるページ数に差が出る可能性が高い。

見てもらいたいページを閲覧してもらえているかどうかを考えるまえに、今回は「導線(シナリオ)」についてお伝えします。

どの順番で、どのコンテンツを閲覧してもらいたいか?
ページ閲覧順序をユーザー任せにするのではなく、貴社の魅力を理解してもらい、問合せをしたい、とユーザーの心を動かすためには、閲覧してもらうページ(コンテンツ)の順序をあらかじめ想定してホームページを作り込む。以下は、導線の例です。

1.トップページ ・・・・・・・・・・・・・貴社の魅力をズバリ表現して興味を持ってもらう
2.価値を伝えるコンテンツ ・・・・コンセプトや貴社の特長を表現する
3.実績を伝えるコンテンツ ・・・・お客様の声やカップルレポート
4.商品紹介のコンテンツ ・・・・・ウエディングプランや料金
5.コンバージョンのページ ・・・・資料請求・ウエディングフェア予約・お問い合わせ
6.サンキューページ ・・・・・・・・・コンバージョンページ(資料請求やフェア予約)の完了画面

たとえば、上記の順番でホームページを見てもらいたいと思っていると仮定します。

次に、現状どうなっているかを確認します。
これも、アクセスログ解析で可能です。Googleアナリティクスの場合は、ログイン後、左メニューの「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」で、アクセス数の多いページを確認できます。

また、「行動」→「行動フロー」をクリックすると、どういう順序でページを閲覧したか確認することもできます。

どのページが一番見られているか、またそれが期待しているページなのか一度現状を確認して改善ポイントとして生かしていきましょう。

LINEで送る
Pocket

一番見られているページはどのページ?

LINEで送る
Pocket

 

今回のテーマは「つなぐ」です。

貴社のホームページ。最も見られている(閲覧されている)ページは、
どのページかご存知ですか?1か月に1度は、チェックしていますか?

どのページが一番よく見られているかがわかれば・・・

・そのページに仕掛けをして、もう1ページ見てもらえるように改善する
または
・そのページから、ウエディングフェア予約や資料請求など
目的とするページへのリンクを積極的にはる

などの対策をすることも可能です。
要するに、効率よく、ウエディングフェア予約や資料請求の数を増やすために、
たくさん見られているページから改善すれば、効果も高いのではないか、
という仮説を立てて、さまざまなチャレンジを行う、という発想です。

そのためには、まずは、どのページが一番よく見られているかを
確認する必要があります。この情報も、アクセスログ解析で調べることができます。

Googleアナリティクスの場合は、ログイン後の画面の左メニューの
「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をクリックしていくと、
右側の画面に表示されます。

まずは、どのページが一番よく見られているか確認しましょう。
そして、そのページをさらに有効活用するために、もう1ページ見てもらえるような仕掛けや
閲覧者が資料請求をしたくなるような仕掛けを施すのです。

比較的簡単にできる改善法。ぜひ、チャレンジしてみてください。

 

LINEで送る
Pocket

キーワードを調べよう

LINEで送る
Pocket

 

一般的に、ホームページは、8割の人が検索エンジン(Google Yahoo!)から来ていると言われます。

ウエディングの場合はホームページに関していえば少し特殊な部類に入り、クライアントの結婚式場やホテルのホームページデータを見る限り、「入口」と「出口」が一般のホームページとは少し違っていることが多いように感じています。

まず、入口。検索エンジンからくる率は一般的な8割より低いものの、それでも5割以上は検索エンジンからホームページを見に来ている会場が多いようです。

そして、出口。ここでいう出口とは、資料請求、ウエディングフェア予約、お問い合わせなどのアクションをどのルートで行ったか?ということ。ネットショップであれば、ホームページの画面上で商品を買う、という1つだけの成果の測定になるけれど、ウエディングの場合は、ホームページを閲覧しても、電話で予約する、たまにFAX,またはそのあとに閲覧したゼクシィネットやみんなのウエディングのページから問い合わせをするケースも多い。出口が予測できないことが多いのが特長です。

お話を戻します。検索エンジンからホームページを訪れた人が一般的な8割より少ないことが多いとはいえ、検索エンジンは無視できない存在です。ゼクシィの雑誌を見てからオフィシャルのホームページを閲覧する場合は、必ず検索エンジンで検索するでしょうし、なんとなく会場を探している人は、結婚式+地名 などのキーワードを入力して検索するからです。

そこで重要になってくるのが「検索エンジンを検索した結果、自社のホームページを訪問してくれたお客様は、どんなキーワードで検索したのか(検索してホームページへたどり着いたのか?)」ということ。

なぜ、検索したキーワードが大事かというと・・・

何度も検索されているキーワードがわかれば、そのキーワードの文字をホームページの文章へたくさん盛り込むことによって、検索エンジンで検索した際に上位表示される可能性を高めることができるでしょう?

何度も検索されているキーワードがわかれば、リスティング広告(検索エンジンに表示される広告)を出稿するときに、どんなキーワードで出稿すればいいのか、という仮説を立てる基準になるでしょう?つまり、最短距離で、成果をだすキーワードを見つけ出すことができるかもしれない。

自社ホームページが、どんなキーワードで検索されて閲覧してもらっているのか、を知ることは、大きな可能性を見つけ、いろんな分野で活用できる強い味方を手に入れるということなのです。

自社のホームページがどんなキーワードで検索された結果訪問されたかは、アクセスログ解析で確認できます。Googleアナリティクスの場合は、左メニューの「集客」をクリックして、「キーワード」→「オーガニック検索」をクリックすると、右側の画面に表示されます。

さて、どんなキーワードで検索されていましたか?それは、予想していたキーワードでしたか?意外なキーワードでしたか?

調べることができたら、その情報をぜひ次の一手に活用しましょう。

LINEで送る
Pocket

お客様はどこに居るのか?

LINEで送る
Pocket

 

前回の記事「お客様はどこから来てどんな人なのか?」では、お客様は、どこからリンクをしてホームページへたどり着いているのか?についてお話しました。自社ホームページへアクセスしてくれる直前に見ていたホームページがわかれば、広告を出稿している際には、効果測定の材料になります。

今回は、別の視点で考える「どこから来ているのか?」です。テーマは「地域」。

ウエディングは、リゾートウエディングや海外ウエディング以外は、地域密着型のビジネスです。
どの地域からお客様が来ているのか?新規来館の際にアンケート調査を行い、集計するのと同じように、ホームページでも、どの地域からホームページへアクセスしているのか、調べることができるのです。

たとえば、新聞折り込みの広告を出稿したと仮定します。
新聞折り込みを行った地域から、ホームページへの訪問者が増えているのか?という視点をもって数値を見れば、効果測定が可能です。

また、ターゲットは、ある地域だと思っていたのに、調べてみたら、全然違う地域だった、ということもあり得る。現状をしっかりと把握するからこそ、次の一手を打つこともできるのではないでしょうか。

どの地域から自社ホームページへアクセスしているかは、アクセスログ解析で確認できます。Googleアナリティクスの場合は、左メニューの「ユーザー」→「地域」 → 「地域」をクリックし、右側に表示された画面の「エクスプローラー」をクリック その後 国の名前が表示されている場合はJAPANをクリック→市町村で見る場合は「市町村」をクリック することで、欲しい情報を閲覧可能です。

さて、貴社のホームページは、どの地域から一番多く閲覧されていますか?
それは、ターゲットとする地域、予想通りですか?それとも意外な地域でしょうか?

ぜひ、一度チェックしてみてください。

LINEで送る
Pocket

お客様はどこから来てどんな人なのか?

LINEで送る
Pocket

 

ほとんどの会場が、来館者アンケートを実施していると思います。

質問の欄には「どこで弊社のことを知りましたか?」の項目は必ずあるのではないでしょうか?

どこで自社のことを知ってもらったかがわかれば、広告のお金のかけどころがわかる。
大事な情報ですよね。

それでは、ホームページではどうなのでしょう?
お客様はどこからホームページへたどり着いたのか?リアルなアンケート調査と同じく、この情報はとても大切です。ホームページの場合、

・検索エンジン(GoogleやYahoo!)経由
・ゼクシィネットやみんなのウエディングなどのポータルサイト経由
・どこか別サイトのページから(リンクをクリックした)

などの経路が考えられます。これらの経路は、アクセスログ解析で確認することが可能です。

どの他ホームページを経由して貴社のホームページへたどり着いているのか?この情報がわかれば、・ポータルサイトなど広告を出している場合、そのポータルサイトからどれぐらい訪問してくれているのか?・特定の外部ホームページからのアクセスが多い場合は、その特定の外部ホームページの広告を拡大したり、同じようなジャンルの外部ホームページへ広告出稿を開始するなど、さらに流入を増やす策を講じることができる。そう、考え方は、リアル世界のアンケート調査と同じです。

Googleアナリティクスで経路を確認する方法は、左メニューの「集客」をクリックし、次に「すべての参照」をクリックすると右側に表示されます。「すべての参照」とは、貴社のページを閲覧する前はどのページを閲覧していたのか、そのすべてを表示している、ということ。

さて、チェックしてみて、いかがですか?思っていたとおりの参照元が多いですか?または、広告を出しているのに、成果があまり上がっていないことに驚くポータルサイトもありましたか?

ゼクシィネットなど、一部のポータルサイトは自社ホームページへのリンクを貼れないので効果を出しずらいですが、リンクをはっているポータルサイトや広告については、この方法で全体像を把握することが可能です。

効果が出ているところには広告費をかける。でていないところは削る。広告出稿の基本ですね。
ぜひ一度、参照元をチェックして、現状を把握してください。

次回は、「検索エンジン(GoogleやYahoo!)経由」の確認方法と見どころについてご紹介します。

LINEで送る
Pocket

離脱率を防ごう(アクセスログ解析ツールの活用)

LINEで送る
Pocket

今日のテーマは「離脱率」です。
「離脱率」とは、ホームページを訪問した人が、ウエディングフェアや資料請求などをせずに、
ホームページから離れてしまう割合。
たとえばAページの7月9日の「離脱率」を調べる場合、
さらに詳しくは、こちらの解説をご覧くださいね。
前置きが長くなりましたが、ここからが今日の本題。
離脱率調べ、防ぐ一番の目的は、
当然ながら、ホームページからの資料請求やウエディングフェア予約の数を増やすことです。たとえてお話するなら、バケツに水をいれて運ぼうとするとき、
バケツに穴が開いていたら、水はジャンジャン漏れてしましますよね?

バケツの穴を防ぐことで、水や溜まりやすくなる。

この「バケツの穴」こそ「離脱」です。
ホームページから離れて行ってしまう率の高いページを探し出し、
そのページを改善して離脱を防ぐ(離脱率を下げる)。

そうすることで、資料請求やウエディングフェア予約の数を増やせる可能性が高まります。

その為には、まずはアクセスログ解析をチェックして、ホームページの離脱率を調べてみましょう。

どのページの離脱率が高いかを見つけたら、そのページを改善する。
結果、離脱率を下げ、資料請求やウエディングフェア予約の数を増やすことができるケースも多々あります。

特定のページの離脱率が高い場合は、そのページからチェックを開始しましょう。
特にウエディングプランや施設サービスに関するページでの離脱率が高い場合は要注意。

ウエディングプランや施設サービスのページを見るということは、
そのお客様は、ある程度興味を持ってくれているということ。

それなのに、そのページから離脱してしまうということは、
知りたい情報が載っていなかったか、商品の魅力が伝えられていないか、
次に閲覧したいページへのリンクがうまく探せなかったなどの理由が考えられます。

離脱率の高いページを探すこと。
そのページを改善して離脱率を下げること。

この2点が今日の課題です。

Googleアナリティクスで、離脱率を確認する方法は以下の通りです。

左サイドのメニューの「行動」→「サイトコンテンツ」→「離脱ページ」。

離脱率を下げる。ぜひ、チャレンジしてみましょう。

LINEで送る
Pocket

直帰率を改善する(アクセスログ解析ツールの活用)

LINEで送る
Pocket

「直帰率」。

これまでブログで何度もご紹介してきましたね。覚えていらっしゃいますか?

直帰率とは、ホームページに訪問した人が、入口となった最初の1ページ目だけを見て、
ホームページ内の他ページを閲覧せずにホームページからら
離脱(画面をを閉じる、他のホームページへリンクするなど)してしまう割合。

1ページだけをみて閲覧をやめるというのは、

・欲しい情報がみつからなかった
・思っていたイメージと違った

をはじめ、いろんな原因が考えられます。
直帰率が50%以上の場合は黄色信号です。改善が必要。

せっかく訪問してくれた人の半分以上が、1ページだけを閲覧して
去ってしまうなんて、もったいないですよね。

そこで、まずはアクセスログ解析で、
どのページから閲覧が開始されているかを確認します。

多くの場合は、トップページを最初にアクセスするケースが多いのですが、
広告用の専用ページを作っている場合などは、

必ずしも最初に見られるページが、トップページとは限りません。
アクセスログ解析のデータをみて、どのページから閲覧されているか
しっかりと確認しましょう。

googleアナリティクスを利用して、最初に閲覧されたページを調べる方法は以下の通りです。

STEP1「ユーザー」→「行動」→「新規とリピーター」をクリック
STEP2 「セカンダリ ディメンション」の「リストを表示」にチェック。「ランディングページ」をクリック

つぎに、表示された画面を見て、

STEP3 セッションの数が多いにもかかわらず直帰率が高いページは改善が必要です。

前述のとおり、直帰率が高い理由はいろいろ考えられます。

レイアウトがみずらくないか、
つぎにどのページを見てもらいたいか明確になっているかどうか

さまざまな角度から問題点を考えて、改善していきましょう。

もちろん、改善をしたら、その結果を継続して数字をチェックすることも忘れずに!
来週は、離脱率 についてご紹介します。

 

 

LINEで送る
Pocket

離脱を防ぐ(アクセスログ解析ツールの活用)

LINEで送る
Pocket

 

2014年6月25日、仙台で、ウェブ集客セミナーを開催しました。
会場はほぼ満員。みなさん熱心に聞いて下さり、ちょこっと笑いあり、の和やかな雰囲気でセミナーを進めることができました。参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

仙台セミナーでは、アクセスログ解析ツールを活用したホームページの改善についてお話をさせてもらいました。これが、非常に好評だったので、ポイントを絞って、これから何週かにわけて、このブログでご紹介していきます。(セミナー内容のすべてではありません、ご了承ください)

まず、今週は、そもそもアクセスログ解析ツールをつかってホームページを改善する基本知識のお話から。

このブログでご紹介する「ホームページ改善」とは、1人でも多くのお客様に、資料請求や来館予約をしていただくことを目的にしています。このブログで何度も登場した「コンバージョン率(転換率)」を上げる、ということが目的です。ちなみに、100人のお客様にホームページを閲覧してもらい、そのうち1人の人が資料請求などの申込みをしてくれたなら、コンバージョン率は1パーセントです。この率を0.1パーセントでも上げること。これが、今週からご紹介する、アクセスログ解析ツールを活用する目的です。

アクセスログ解析ツールを活用して、ホームページを改善(コンバージョン率を上げる活動)をするには、2つの視点に分けられます。

1つは、成功パターンを見つけて、その成功パターンを一層強化していく
もう1つは、失敗パターンを見つけて、穴埋めをしていく

強いところは強く、弱いところはカバーする、という発想です。

今日は、弱いところをカバーする の発想で1つ改善策をご紹介しますね。

テーマは「離脱を防ぐ」です。

離脱とは、自社のホームページを見てもらっているにもかかわらず、他のサイトへリンクしてしまったり、画面を閉じられてしまうこと。離脱率とは、その割合です。

離脱する、ということは、そのページで興味がなくなったか、自分の見たい情報があるのにリンク元を探しきれずにあきらめたか?理由はいろいろ考えられます。大事なことは、「離脱を防ぐにはどうしたらいいか。もう1ページ見てもらうためには、何をすべきか」を考えること。

まずは、おおくのお客様が離脱しているページを探し出します。多くのお客様が離脱しているページを改善してもう1ページ閲覧してもらうことで、自社の情報をより多く知ってもらい、魅力を感じてもらえるように。

Googleアナリティクスでは、離脱率の高いページはログイン後、左サイドメニューの
「行動」→「サイトコンテンツ」→「離脱ページ」
で確認可能です。

離脱率の高いページが見つかったら、そのページの内容を変更したり(情報を加えたり)、次に閲覧してほしいページへの誘導を強化するレイアウトにしてみるなどの改善を加えます。そして、離脱率がどうなるかしっかりと計測する。で、また改善する、の繰り返し。

いかがですか?アクセスログ解析ツールを活用する、といっても、難しくはないでしょう?
まずは、離脱しているページを探し、穴埋めをする(もう1ページ見てもらえるような改善をする)から始めてみてはいかがでしょうか?

次のブログ記事でも、引き続き、アクセスログ解析ツールを利用した改善方法をご紹介します。

 

LINEで送る
Pocket