「知りたい!」「もっと読みたい!」と思わせる

LINEで送る
Pocket

 

1度ホームページを訪問してもらったら、少なくとも3ページは見てほしい。これが1つの目標です。

もう1ページ、もう1ページと、ページを増やしてみてもらうためには、「見たい!読みたい!知りたい!」と思ってもらうことが大切。そのためには、「クリックする前に、次のページに何が書いてあるのか」がわかること、もう1点は魅力的なキャッチコピーをつけて「もっと知りたい!」と思ってもらうことが重要です。

たとえば、お客様レポート。タイトルに、挙式日と両家名だけを表示しておくよりも、「ケーキにこだわったお客様!」とコピーを付けたほうが、ケーキに興味があるお客様は「知りたい!」と思ってもらい、クリックしてお客様レポートの詳細ページを読んでもらえるかもしれない。

クリックしたいと思わせるキャッチコピーをつけること。クリックした次のページに何が書いてあるのか、ある程度予測ができること。貴社のホームページでは実践できていますか?

 

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
株式会社サムシングフォー 代表取締役。1972年生まれ。ホテルにてウエディングプランナーとして300件以上のウエディングを担当した後、広報部門に移動し、ホテルのネット担当責任者に就任。ネット専用商品が売上の1位になるだけでなく、3年で5万人ものメールマガジン読者を獲得。ネットでホテルのファンを作ることに成功した結果、ネット会員による売上が売上No.1になるなど、ネットの力を活かしきることについて天才的な手腕を持つ。ホテル退職後にネット専業のライターとして様々な通販サイトの文章作成、メルマガ作成に携わり、売上を上げるためのライティング技術をさらに磨き上げる。2005年にIT企業に役員として参画後、ウエディング業界をITを使って元気にしたいと、2007年に株式会社サムシングフォーを自ら企業。圧倒的低コストでプランナーの残業を減らすことができるシステムを提供。また、集客を目的としたウエディング業界のホームページ作成、ネット活用など、ITを活用することでウエディング業界を活性化させるために奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です