地味だけど大事なコンテンツ

LINEで送る
Pocket

昨日、ホームページ制作の企画、ご提案を某企業様にさせていただきました。

今回はウエディング業界ではなく、自宅を建設してくださる工務店さんです。
こだわりの家で、とにかく写真を拝見するだけでも、ため息がでるほど素敵なお家。

ウエディングと工務店さん、一見まったく共通点がないように思えますが、実は、もっとも重要なポイントが同じです。

「一生に一度のお買いものであること」

経験がないものを購入する、という未知の世界でのお買い物なのです。工務店の社長さんに、ホームページのコンテンツについてご提案をさせていただくなかで、一番関心をもってくださったのが

・よくいただく質問
・家づくりの進め方

の2つでした。この2つのコンテンツ、普段はあまりスポットを浴びる機会が少ない、どちらかといえば地味なコンテンツです。ですが、一生に一度のお買いものであるがゆえに、

質問したいけれど、何を質問したらいいかわからない
自分がこれから何をしなければならないかわからない。

人は、知らないことには不安を覚えるものですし、これから自分が何をしなければならないのか見通しが立たないことに対しても、不安を感じるもの。

よくいただく質問と、これからのスケジュールは、これからお買い物をしようとするお客様にとっては、強い味方になってくれるコンテンツなのです。地味だけど、底力のあるコンテンツ。

お客様の不安をひとつずつ解決していき、これからはじまる家づくりやウエディングを楽しみにしていただく。

ホームページは、そういう役割も担っている。

地味だけど重要なコンテンツ。貴社のホームページにもありますか?

LINEで送る
Pocket

The following two tabs change content below.
株式会社サムシングフォー 代表取締役。1972年生まれ。ホテルにてウエディングプランナーとして300件以上のウエディングを担当した後、広報部門に移動し、ホテルのネット担当責任者に就任。ネット専用商品が売上の1位になるだけでなく、3年で5万人ものメールマガジン読者を獲得。ネットでホテルのファンを作ることに成功した結果、ネット会員による売上が売上No.1になるなど、ネットの力を活かしきることについて天才的な手腕を持つ。ホテル退職後にネット専業のライターとして様々な通販サイトの文章作成、メルマガ作成に携わり、売上を上げるためのライティング技術をさらに磨き上げる。2005年にIT企業に役員として参画後、ウエディング業界をITを使って元気にしたいと、2007年に株式会社サムシングフォーを自ら企業。圧倒的低コストでプランナーの残業を減らすことができるシステムを提供。また、集客を目的としたウエディング業界のホームページ作成、ネット活用など、ITを活用することでウエディング業界を活性化させるために奮闘中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です