インスタグラムの利用者が1000万人を突破

LINEで送る
Pocket

日本国内でのインスタグラムの利用者が1000万人を突破しました。

ニールセンが5月31日に発表したデータによると、インスタグラムの利用者は前年から500万人も増え、1092万人になったそうです。

もともと利用者数が多かった、34歳以下の女性に加え、35~49歳の女性の利用者が増加したほか、50歳以上の男性の利用者も大きく増えたそうです。

ただしメインの利用者はこれまでと変わらず、女性18~34歳で490万人、次いで女性35~49歳の195万人となっていました。ちなみに女性50歳以上は57万人でした。

男性については、年代で利用者は偏りがなく、18~34歳で143万人、35~49歳で137万人、50歳以上で150万人でした。

ネット広告を出す立場での実感でいうと、インスタグラムの利用者は20代の女性、というイメージで、データからもそれが裏付けられています。実際にこれらの層にインスタグラムで広告を打つのにとても良い媒体です。

今後、男性の利用者や、女性の年長者の利用が増えると、インスタグラムのおしゃれなイメージ、20代女性の多いイメージが失われると、ちょっと辛いなあ、という気もしています。

The following two tabs change content below.
後藤 大典

後藤 大典

株式会社サムシングフォー 取締役 株式会社ラプレ 取締役 インターネットマーケティングのプロフェッショナル。 上場企業のネットマーケティングのみならず、中小零細企業のマーケティングに精力的に取り組み、ソーシャルネットマーケティングの実践者。 ネット広告の知識も深く、さまざまな業界の企業をサポート。 なんば経済新聞の編集長を務め、プレスリリースの活用方法に関するセミナー主催や配信を実施。 ITを用いた地域活性化にも積極的に取り組み、ネット・リアルに関わらず活性化に尽力している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です