リスティング広告は万能じゃない

LINEで送る
Pocket

リスティング広告を多数運営しておりますと、新規案件のお話をいただいたときに、「これはいけるな」というものもあれば、「これは無理だろう」というものもあります。何がいけて何がいけないか、体系だてて理屈があるわけじゃないですが、商品に差別化が難しかったり(家電製品などが典型)、販売単価が安いものであったり、ビッグワードでしか誘導が見込めないものなど、経験的に「これい無理だろう」というものはあります。

そんな時に以下の記事を見付けました。

リスティング広告と相性の悪い商品・サービスとは?

正直いいまして、ウエディング業界はリスティング広告はなかなか厳しいものがあります。お客様が思いついて検索する際の検索キーワードが「結婚式 大阪」とか、ビッグワード×エリア名であったりして、なかなかニッチキーワードがないという点にあります。大阪や東京や横浜や神戸などといった地域は競合が多く、これらのキーワード単価が高騰してしまっています。むしろ競合の少ない地方中核都市のほうが、うまくいったりする理由はここにあります。

The following two tabs change content below.
後藤 大典

後藤 大典

株式会社サムシングフォー 取締役 株式会社ラプレ 取締役 インターネットマーケティングのプロフェッショナル。 上場企業のネットマーケティングのみならず、中小零細企業のマーケティングに精力的に取り組み、ソーシャルネットマーケティングの実践者。 ネット広告の知識も深く、さまざまな業界の企業をサポート。 なんば経済新聞の編集長を務め、プレスリリースの活用方法に関するセミナー主催や配信を実施。 ITを用いた地域活性化にも積極的に取り組み、ネット・リアルに関わらず活性化に尽力している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です