月別アーカイブ: 2016年3月

リスティング広告は万能じゃない

リスティング広告を多数運営しておりますと、新規案件のお話をいただいたときに、「これはいけるな」というものもあれば、「これは無理だろう」というものもあります。何がいけて何がいけないか、体系だてて理屈があるわけじゃないですが、商品に差別化が難しかったり(家電製品などが典型)、販売単価が安いものであったり、ビッグワードでしか誘導が見込めないものなど、経験的に「これい無理だろう」というものはあります。

そんな時に以下の記事を見付けました。

リスティング広告と相性の悪い商品・サービスとは?

正直いいまして、ウエディング業界はリスティング広告はなかなか厳しいものがあります。お客様が思いついて検索する際の検索キーワードが「結婚式 大阪」とか、ビッグワード×エリア名であったりして、なかなかニッチキーワードがないという点にあります。大阪や東京や横浜や神戸などといった地域は競合が多く、これらのキーワード単価が高騰してしまっています。むしろ競合の少ない地方中核都市のほうが、うまくいったりする理由はここにあります。

アドワーズの広告枠の撤廃による影響は限定的

2/20以降、グーグルのPC向け検索結果に表示されるアドワーズの広告枠について、右側の掲載枠が廃止されています。

掲載枠の減少に伴い、競合との掲載枠の取り合いが起こり、クリック単価の上昇が見込まれていましたが、実際のところ10.5%の上昇がみられた、という記事がありました。

https://legrand.jp/Blog/2016/3/0317

この記事によると、クリック単価の上昇だけでなく、クリック率も4.5%改善したとのこと。

個人的な感想を言えば、思ったほどの変動はなかったな、というのが正直なところですが、考えてみれば、右側の枠よりも上部の枠のほうが注目度はもともと高かっただろうし、上位から数件ぐらいまでしかクリックはしていなかったな、とも思います。

むしろPCの画面がすっきりすることで、検索結果における広告枠のクリック率が改善したこと、広告の運用において、PCとスマホとで運用を分ける必要がなくなったことから、ポジティブな変化ととらえています。

Googleアドワーズもスマホで管理

GoogleAnalyticsのスマホアプリがすこぶる便利で、それこそ毎日のように使っているのですが、先日、GoogleAdwordsのスマホアプリがリリースされました。

IMG_8485

移動中にちょっと状況を確認したい時とかにすごく便利ですので、広告を出されている方はぜひ、使ってみてはいかがでしょうか。