月別アーカイブ: 2016年2月

グーグルの広告枠が減る!

驚きました、以下のニュース。

グーグルの検索結果ページに表示されるリスティング広告枠、かなり前から、キーワードによっては、右側の広告枠があったりなかったりしていたのですが、なんと、右側の広告枠をなくしていくとのこと。

従来、広告枠が右側に10枠あり、左上にも枠があったのですが、今後は右側の広告枠がなくなるため、左上の数枠しか無い広告枠を取り合うことになります。

これにより広告枠が減少することから、広告主間の競争が激しくなり、クリック単価の状況が見込まれます。一方で、広告枠が減ったことから、クリックされればコンバージョンにつながりやすいかも知れず、結果的にはコンバージョン単価の改善が見込まれるかもしれません。

正直、広告を出稿する立場としては、これまで、PCでは5位ぐらいでも右側の枠に表示されるのでよいが、スマホでは上部の枠に2位ぐらいに表示されないと見向きもされないということから、「PC向け入札単価」と「スマホ向け入札単価」をコントロールしなければならなかったため、結構面倒でしたが、PCがスマホ同様の広告枠になるということで、基本的には入札単価は1つで良くなると思いますので、楽になると期待はしています。

そもそもグーグルもヤフーも、「スマホファースト」、つまり、スマホサイ

顧客を育成するという視点

さまざまなネット広告媒体がありますが、運用をしていると、なまじ効果測定ができるばっかりに、ついつい、「コンバージョン単価を寄せに行く」ということになります。

顧客を1件獲得するためのコストはXXXX円まで。

という指標がある場合、全てのネット広告媒体を並列に並べて、顧客獲得コストの安いものにどんどん予算をシフトさせるという愚。

実際には広告媒体ごとに役割は異なるはず。

需要を生み出す広告もあれば、生み出された需要を購入へと結びつける広告もあるし、購入したいと思っている人を刈り取る広告もある。

この中でもっともコストが安い「ように見える」のが、購入したいと思っている人を刈り取る広告。

そもそもどこかで「購入したい」という気持ちが高まった人を見つけて、買ってもらうというものですので、商品が合っていれば、価格が見合っていれば、買っていただけるはず。

しかしそういう広告媒体ばかりに広告予算を投じた場合、購入したい人がいなくなったらそれでおしまいです。もちろん業界のマーケットリーダーでなく、フォロワー、ニッチャーの場合であれば、マーケットリーダーが作ってくれた「購入したい人」を、いかにして横取りするか、ということに頭を絞ってもよいのですが、そういうことをしていると、需要が減退してしまった時にどうしようもありません。

できることなら、顧客になりそうな見込み客に日頃からアクセスするルートを持っておき、うまいことコミュニケーションすることで見込み客の中から買いそうな人を育成し、顧客へと結びつけていく、ということができればと思っています。

言うは易し、行うは難しですが、それを目指していかないと、ネット広告のマーケッターとしては失格だと思っています。

検索エンジンのシェア

アジアにおける検索エンジンのシェアがまとめられいました。

2016年海外検索エンジンシェア新常識!

目新しい情報ではないですが、中国以外の国ではGoogleがシェアナンバーワン、中国はバイドゥがナンバーワンとなっていました。

バイドゥというと知らない方も多いかもしれませんが、日本法人もあるれっきとした中国ナンバーワン検索エンジンです。10年以上前にバイドゥの営業担当者とお会いしたことがありますが、当時(今もかもしれませんが)、検索結果そのものをお金で買うことができますよ、という案内でして、さすが中国だなあと思ったことがあります。

中国以外のアジアの国々は全てGoogleがシェアナンバーワン。日本からこれらの国々に向けてGoogleでネット広告を出すのも簡単です。

ウエディング業界とインスタグラム広告の親和性

結婚式場様で、インスタグラムを運用されていらっしゃる会社様が出てきています。

ウエディングという女性が主役となる場面において、写真によるイメージというのはとても大切なものです。例えばゼクシィに掲載する写真のセレクトで、お客様からの反響も大きく変わりますし、式場のイメージも大きく変わります。

インスタグラムはSNSの一種ですが、おしゃれな写真を中心に、コミュニケーションをするタイプのSNSです。ここに印象的なウエディングの写真をそれとなく掲載することで、広く共有され、じわじわとフォロワーが増えていきます。

そのとっかかりとして、インスタグラム広告は良いかもしれません。出稿にあたり、インスタグラムの親会社であるフェイスブックのアカウントが必要になりますが、逆に言えば、フェイスブックで既に広告を出稿している場合、インスタグラム広告は容易にスタートすることができます。

ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。