月別アーカイブ: 2015年12月

ヤフーニュースはスマホが中心

ヤフーニュースのページビューについて、スマホからのアクセスが、PCの1.5倍に達したそうです。

スマホシフト、どれだけ進んだ? Yahoo!ニュース月間115億PVの内訳を解説

つい昨年まで、ヤフーの検索クエリーが、PCをスマホが追い越しそうと言っていたのに、ついに、スマホが中心。しかもスマホのユーザーについて、

スマホユーザーの年齢層が今年に入って40代、50代にも広がり、その結果がYahoo!ニュースの数字にも現れた

ということで、決して若者だけのものではなくなったようです。確かに電車の中でも若者から年配の方まで、みんなスマホを触っていますね。ネットマーケティングはもうスマホを中心に考えるべきかと思います。

テクノロジーをどう使うのか

ネット関連、マーケティング関連の展示会に、今年の後半は足しげく通いました。

毎回、こんな新しいものがあるのか、と思うほどに、どんどん新しい広告ネットワーク、広告技術が出てきます。

しかしそれをどう使えば、お客様のビジネスにフィットするのか、それについては、広告会社の方はなかなか答えてくれません。断片でしか、あるいは、その広告配信の技術的な側面しか教えてくれません。もっとも担当者によっては、さまざまな示唆を与えてくれることもあります。

一方で、お客様の代表の方、担当者様においては、自社のターゲットはこんな人たちだ、ということはよく理解されていますが、最新の広告ネットワーク、広告技術がどんなものなのか、深く理解はされていませんし、自社のターゲットをどうすれば効果的にネット上でつかむことができるのか、なかなかパッと思いつくのも難しいと思います。

結局のところ、間に入る私たち広告代理店であったり、マーケティング会社であったりが、きちんと、技術的な側面、マーケティング側面、両方に睨みながら、適切なご提案をする必要があるなあと、そんなことを最近は思っています。

facebookは世界最大の個人情報データベース

facebookと、KDDIのグループ会社supershipが業務提携をしました。

FacebookとSupership、オーディエンスネットワーク拡大に向けてパートナー契約を締結

supershipはさまざまなスマホアプリに広告を配信するネットワークを保有しており、配信ターゲット技術として、facebookのデータを利用するようです。

考えてみれば、facebookは世界最大の個人情報のデータベースです。実名登録が原則ですし、リアルの友達とfacebookでもつながっていたりするので、これらの情報をもとに広告を配信するのは、とても正確なターゲティングになると思います。

ネット広告はかなりいきつくところまでいっており、今後はこのようなターゲティング技術というか、ターゲティングのためのデータを持っているところとの連合が進んでいくと思います。

ちなみにsupershipはスマホのauを運営しているKDDIのグループ会社というのも面白いですね。

バナーはほとんど見えていなかった

グーグルがこのたび、広告指標として新たに「Viewable(ビューアブル)CPM」というものを導入しました。

これは読んで字のごとく、Viewable、つまり見えているバナーをカウントしていきましょう、ということ。裏を返せば、バナーというのは実はほとんど見られていなかったのです。

これはどういうことかというと、例えばホームページが縦に長い場合などで、下までスクロールされない場合、スクロールされなかったところにあるバナーであっても、ブラウザには読み込まれているため、その瞬間に便宜上「1回表示された」とされていたのですが、それは実際には人の目には触れていないものになります。

一節によると、そのような「人の目には触れていない広告表示」は、バナーの50%以上はあるということ。つまり半分以上は実際には見られていなかったということ。

そこでグーグルでは、実際にブラウザにバナーが表示された回数をカウントして、それを新たな指標として見ていこうということになりました。これは静止画だけでなく動画についても同様のようです。